とちぎの元気な森づくりサポートサイト

とちぎ森づくりサポーター活動報告

令和2年度とちぎ森づくりサポーター活動報告

◆ くまの木里山応援団「親子で森づくり体験」◆

実施日 令和2年12月20日(日)
実施場所 塩谷町 星ふる学校「くまの木」裏山(コナラ広場)
参加人数 13名(森づくりサポーター3名含)

ヒノキの除伐、枝払い
散策路標識の支柱に使用
昼食後の懇親
参加者の感想等
  • 散策路の標識が劣化してきたため更新することにしました。準備作業として今回は支柱用のヒノキを除伐し、一部皮むきを行いました。
  • くまの木里山応援団員の中に、現在4人の森づくりサポーターがいます。
    とちぎ環境・みどり推進機構が発信した情報で、くまの木里山応援団を知り、お試し体験を経て入団し、今ではくまの木里山応援団の中心メンバーとなって活躍しています。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年11月22日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内
実施内容 下刈り、落枝集積等
参加人数 38名(森づくりサポーター4名含む)

参加者の感想等
  • 前日までの暖かさから変わって、季節らしい寒さの中で整備活動が行われました。
    開始前の作業説明のあと、下刈り班と落枝集積班に分かれ、集積班と一緒に作業を行いました。
    休憩では懇親を深め、その際にこの活動が地域の方々の貴重なコミュニケーションの場ともなっていると伺い、地域の結び付きの強さや、熱心な活動に感心しました。
    森づくりサポーター会員さん達も活発に作業されていて、すっかり溶け込んでいるようでした。

◆ くまの木里山応援団「親子で森づくり体験」◆

実施日 令和2年10月18日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
参加人数 27名(8家族)

参加者の感想等
  • 今年は、新型コロナウイルス感染症対策を講じながらの開催となりました。
    矢板森林管理事務所の直井補佐より、枝打ちの解説をしていただき、その後各家族に別れて、団員とともに枝打ち(すそ払い)体験を実施しました。作業終了後に集合写真を撮り、畑にて恒例のさつまいも堀りを行いました。
    今後も、これまで以上に注意して活動していきたいと思います。

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年9月20日(日)
実施場所 塩谷町 高原山 イヌブナ自然林周辺
実施内容 高原山登山道、林道の下刈り(全長約2.5㎞)他
参加人数 13名(森づくりサポーター1名含)

下刈り作業班
下刈り作業中の里山応援団員
下刈り作業中のサポーターさん
「風だより」でバーベキュー
参加者の感想等
  • 9月27日(日)に開催される「イヌブナ自然林現地講習会」の事前準備としてイヌブナ自然林に至る登山道の下刈りを実施しました。3班に分かれ、登山口付近と守子神社、そして権現沢部分の周回コースを下刈りしました。天気は次第に回復し、今年は心配したヤマビルの被害もありませんでした。
  • バリアフリー鉄道農園「風だより」にてバーベキューで団員の懇親を深めました。「風だより」オーナーさんの笑顔と手厚い歓待に感謝です。森づくりサポーターさんは直ぐメンバーに溶け込み活躍してくれました。

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年8月16日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
実施内容 除伐予定林の下刈り、散策路看板の劣化状況調査 他
参加人数 15名(森づくりサポーター1名含)

ヒノキ林の下刈り
コナラ広場で昼食
参加者の感想等
  • 連日真夏日が続き、この日も朝から熱中症が心配される蒸し暑さでした。除伐が予定されているヒノキ林の下刈り作業を1時間ほど行い、その後4班に分かれ、散策路のルート案内表示板の劣化状況を確認し記録しました。
  • 作業後はコナラ広場に集合し冷やしうどんの昼食です。具沢山でだしの利いたつけ汁は大好評でお代わり続出でした。突然の雨の撤収も良い思い出です。
    サポーターさんより「皆さん楽しんで活動していますね」とのコメントがあり、来月もくまの木里山応援団活動に参加頂くことになりました。

◆ 那須里山を育てる会による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年6月27日(土)
実施場所 那須町豊原丙
実施内容 下草刈り、欠損株の補植
参加人数 22名(森づくりサポーター4名含む)

参加者の感想等
  • 毎年恒例の「ふるさとの森づくりin那須」イベントを実施しました。
    例年は緑の募金の公募事業の補助を受けて苗木を購入し植林していましたが、本年は公募事業が中止となったために植林ができなくなりました。
    また炭焼きも複数人の宿泊作業となる為、新型コロナの感染防止の為に中止としました。これらの事により本年度の活動は昨年と一昨年の植林地(約0.15ha)の下刈りと欠損株の補植のみとなってしまいました。(補植した苗木100本は苗木屋さんから寄付頂きました)
  • 本年度は新型コロナの影響で活動に様々な制限が発生しました。 主催者側も参加者全員の体温測定、昼食は密を避けるため屋外で間隔を離す等の対応を行い感染防止に努めました。森づくりサポーターの皆様は、このような状況下でも積極的に活動を行って頂き、予定していた作業が完了し感謝しています。

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年7月19日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
実施内容 散策路の整備、畑の草取り、刈払機講習会他
参加人数 15名

散策路の草刈り
刈払機講習会
参加者の感想等
  • 四つの班に分かれ、散策路の草刈りと畑の草むしりを行いました。梅雨の晴れ間は日差しが強く、全員汗だくの作業となりました。コナラ広場で食べたカレーライスは、いつにも増して美味しく、おかわりが続出しました。
  • 午後は二光機商の梅村さんにお願いし、刈払機の取り扱い講習を行いました。刈払機の分解~清掃~組み立て~整備と細かく教えていただき、大変貴重な経験を積むことができました。

 コロナ禍の収束後、サポーターの皆さんとの再開を願っています。

令和元年度とちぎ森づくりサポーター活動報告

◆ 益子里山の会による整備活動が行われました ◆

実施日 令和元年12月13日(金)間伐枝打作業の指導
令和2年 2月28日(金)赤松植栽作業
実施場所 県立自然公園 益子の森
参加人数 15名(森づくりサポーター1名含む)

12/13 地元小学生に間伐枝打作業を指導
2/28 赤松120本を植え付け
益子里山の会メンバー記念撮影
参加者の感想等
  • 益子町は、町木である赤松が減少していることから、民間と協働で「赤松復活プロジェクト」を立ち上げ、その中の目玉事業として、子供と共に赤松植栽事業を展開しています。
    県東環境森林事務所の指導を受けて益子の森を選定して、赤松と地域産業の係わり・防災・緑化啓蒙・温暖化等一連の環境教育の一環に位置付けて、12月13日枝打間伐を実施しました。植栽は2月28日に行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため、小学生は参加せずに、メンバーだけで120本の赤松を植え付けました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年1月26日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道東側、西側)
実施内容 落葉・落枝集積、伐採処理
参加人数 40名(森づくりサポーター6名含む)

落葉・落枝集積作業
伐倒地の確認、切込み確認
伐採したカシノキの処理作業
最後の挨拶
参加者の感想等
  • 今年度最後の活動です。前回伐採したカシノキに続き、営農の支障となっている2本目のカシノキの伐採作業を中心に行いました。
    手際よい作業で、皆さんここちよい疲労感を味わっておりました。みんなで段取りよく作業を行い、目的が達成されたときの達成感は格別なものです。
    来年度も引き続き安全に留意して作業を行います。本年度は皆様方のご協力、大変ありがとうございました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和2年1月12日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道東側、西側)
実施内容 落葉・落枝集積、伐採処理
参加人数 35名(森づくりサポーター4名含む)

作業開始前の連絡事項
カシノキの伐採
伐採したカシノキの処理作業
つきたてのお餅で新年会
参加者の感想等
  • 今年最初の活動となりました。雑木林に隣接している水田にカシノキが大きく張り出しているため、近年耕作に支障が出てきているとのことから、昨年から伐採計画をし、本日伐採を行いました。約1時間半で伐採から枝等の処分まで行いました。
    作業終了後、例年恒例となっている餅つきを行い、皆さんとの懇親を深めることができました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和元年12月15日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道東側、西側)
実施内容 刈り払い、落枝集積、倒木処理
参加人数 50名(森づくりサポーター3名含む)

落ち葉さらい
刈り払い作業
集積作業
里の恵みイモ
参加者の感想等
  • 今年最後の活動となりました。例年よりあたたかく、作業を始めるとすぐに汗がにじみ出てきました。まだ木々にも葉がついており、本格的な寒さを待っているような感じの作業日でした。
    作業終了後は例年恒例となっています収穫祭兼忘年会を参加者全員で行いました。今年は豚汁のほかに地元産小麦粉、柚子で作成した「柚子うどん」が振る舞われ、大変満足していただいたようです。地元の食材と恵みを今後も再確認していきたいと考えております。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和元年12月1日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道東側、西側)
実施内容 刈り払い、落枝集積、倒木処理
参加人数 38名(森づくりサポーター3名含む)

鎌による刈り払い・落枝集積作業
倒木処理作業
刈払機による刈り払い作業
作業後の状況
参加者の感想等
  • 前回11/24の作業は雨天のため中止となり、今回が第2回目の作業となりました。クヌギやコナラの紅葉も終わりを告げ、木の葉の舞い散る中での作業となりました。倒木処理班では、大量のムラサキシメジを発見し、 食したい方が必要分を夕食の材料として持ちかえりました。
    次回は12/15になります。地元野菜を用いた豚汁、自家製手打ちうどん、焼き鮎などで作業終了後に懇親会を計画しています。皆さんの参加お待ちしております。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和元年11月10日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道東側、西側)
実施内容 刈り払い、落枝集積、倒木処理
参加人数 37名(森づくりサポーター7名含む)

作業開始前の連絡事項等
鎌による刈り払い・落枝集積作業
倒木処理作業
休息・懇親
参加者の感想等
  • 台風19号の影響で、枯損木だけでなく、健常木の倒木や掛木がかなり確認されている状況でした。掛木の伐倒作業と刈り払い、落枝集積作業は安全を考慮して、エリア別に実施しました。
    まだ霜が降りていないため、草木は青々としている状態でしたが、一歩一歩秋が進んでいることを感じられる作業となりました。
    次回は11月24日(日)に実施します。

◆ くまの木里山応援団「親子で森づくり体験」 ◆

実施日 令和元年10月20日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
参加人数 26名(8家族)

参加者の感想等
  • 台風の被害がほとんどなかったことから、予定通り実施しました。
    矢板森林管理事務所の齋藤所長補佐に森づくり県民税と枝打ち、広葉樹施業の説明をいただきました。
    その後各家族に別れて枝打ち体験を団員とともに実施しました。コナラ広場でカレーを食べて、畑にてさつまいも堀りを行いました。裏山の多様な人工林の姿も見学出来て有意義だったと思います。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 令和元年7月7日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道付近)
実施内容 夏季の下草刈り
参加人数 25名(森づくりサポーター5名含む)

開始前の連絡事項等
刈り払い作業
休憩・懇親
 
参加者の感想等
  • 例年実施している夏季の下草刈り作業です。土用の丑の日頃に下草を刈り払いすると、冬場の管理が非常に楽になるので、道路際や広場周辺の草の成長が著しい箇所を中心に行いました。整備されたおかげで、今年もチタケも確認されました。年々確認される数は増えています。今年度の本格的な活動は11月から計画しています。

◆ ふれあいの森伊勢崎 第6回あじさい祭りが開催されました ◆

実施日 令和元年6月23日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道カルバート付近)

参加者の感想等
  • 梅雨空のなか、心配されたお天気も薄日が差し、無事に開催となりました。
    近隣の方々や子ども達が多く参加されて、新鮮な野菜が売られ盛況でした。
    ダンスや太鼓演奏等の演奏では日頃の練習の成果を発揮され、あじさい祭りに花を添えました。

◆ 那須里山を育てる会による整備活動が行われました ◆

実施日 令和元年6月22日(土)
実施場所 那須町豊原丙
実施内容 下草刈り、植林(コナラ、クヌギ、樫)
参加人数 38名(森づくりサポーター7名含む)

炭焼き窯前で記念撮影
急傾斜地での植林作業
昨年植林地の下草刈り作業
手打ちうどん、そばで昼食
参加者の感想等
  • 当日は植林班と食事班に分かれて行動しました。森づくりサポーターの皆さんには植林班に参加していただきました。植林班は約0.1haの急傾斜地にコナラ、クヌギ、樫の苗木計500本の植林を行い、食事班は手打ちうどん、そば、赤飯、てんぷら、ポテトサラダ等の調理を行いました。又、前日から開始した約1tの炭焼きも順調に進行中で翌日に終了しました。植林班の作業は予定より早く終了した為、昨年植林した場所を手鎌で下草刈りを行いました。
  • 昼食では参加者間で森づくりについての歓談に花が咲き、森づくりサポーターからは貴重な体験談も聞くことができました。

◆ 第6回「あしぎんの森」整備活動を行いました ◆

実施日 令和元年6月9日(日)
実施場所 「あしぎんの森」栃木県県民の森
実施内容 下草刈りの実施
参加人数 90名(森づくりサポーター3名含む)

傾斜面での下草刈り作業
子ども達も頑張りました
下草刈りを終えて全員で記念撮影
参加者の感想等
  • 森づくりサポーターの方にカマの使い方や作業での注意点をはじめ、かぶれやすい植物や虫などの指導もあり、安心して作業できました。当日は子どもの参加もあったので大変心強かったです。(今年はヒルの発生により、刺された人が多数出たので、次年度はその対策も考えて整備を行いたい)
  • このような取組を通して、森林保全・育成の大切さをあらためて感じるとともに、心身ともにリフレッシュすることができました。

◆ 「わこちゃんの森」保全活動を行いました ◆

実施日 令和元年5月25日(土)
実施場所 「わこちゃんの森」矢板市泉
実施内容 下草刈り、保護ネット取り外し、環境学習
参加人数 62名(森づくりサポーター4名含む)

集合写真
保護ネットの取り外し
下草刈り
森で育っていた三羽の雛
参加者の感想等
  • 夏日と言われた暑い日で、炎天下の作業で大変でしたが、木々の 健やかな生育を願って一生懸命下草を刈りました。
    鹿の食害から守るために取り付けた保護ネットですが、ネットから枝葉がはみ出すほど大きくなっている木も多数あり、木々の成長を感じました。
    作業中に鳥の巣で雛が育っているのを見つけ、「わこちゃんの森」が生命の源となっていることを実感でき嬉しかったです。

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 平成31年4月21日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
実施内容 竹林整備(除伐)、薪用材の運搬、山菜採り他
参加人数 25名(森づくりサポーター2名含む)

竹林整備作業
山菜採りの成果
野外料理(てんぷら作り)
昼食を兼ねた懇談
参加者の感想等
  • とちぎ森づくりサポーター会員2名、新入団員3名、復帰団員2名が加わり、くまの木里山応援団2019年4月度は、総勢25名の大変賑やかな活動となりました。星ふる学校「くまのき」校庭で打ち合せの後、竹林整備、玉切り材運搬、山菜採り、野外料理の4班に分かれて作業を開始しました。
    てんぷら作りは大忙し。毎年4月の定例活動は山菜パーティと化し、里山整備活動は楽しい懇談の場で幕を閉じました。
    「楽しかったので毎月参加します」との声を聞き、団員が増えると確信しました。

平成30年度とちぎ森づくりサポーター活動報告

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 平成31年3月17日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
実施内容 広葉樹伐採、枝づくり、パイプハウス修繕
参加人数 14名(森づくりサポーター1名含む)

パイプハウスの修繕
昼食をとりながら歓談
参加された皆さんと記念撮影
参加者の感想等
  • 新たな活動拠点施設「ふくろう庵」周辺のパイプハウス修繕と広葉樹の伐採・整理を行いました。
    今回ご参加いただいた森づくりサポーターの方にはパイプハウスの修繕をお手伝いいただきました。平成26年の大雪で倒壊したハウスがやっと既存の部材のまま修復することが出来ました。
    恒例のランチをみんなで食べながら、楽しく歓談しました。

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 平成31年1月20日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
実施内容 活動拠点施設(ふくろう庵)とその周辺の整備
参加人数 16名(森づくりサポーター2名含む)

作業終了後に記念撮影
参加者の感想等
  • 今年初めての活動は、活動拠点施設「ふくろう庵」とその周辺の孟宗竹除伐を行いました。今回ご参加いただいた森づくりサポーターのお二人は山仕事になれている方々で、即戦力として大いに活躍していただき、予定していた作業を無事に終える事が出来ました。
    昼食を「ふくろう庵」でとりながら、これからの活動のことなど、楽しく歓談しました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 平成31年1月27日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内
実施内容 落葉の集積作業、倒木処理、落枝の集積作業
参加人数 40名(森づくりサポーター3名含む)

落葉の集積作業
倒木処理
枯死木処理
作業終了後の一コマ

参加者の感想等

  • 今年度最後の活動となりました。春先に様々な草花が観測できるように、遊歩道や広場周りの落ち葉をかき集める作業を中心に行いました。春先の強風で散策路や市道に倒木がないように、危険度の高い枯死木を中心に伐採もあわせて行いました。春先に新緑が芽吹くころが楽しみになるような作業でした。
    次回は6月に下草刈りを計画してます。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 平成31年1月13日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内
実施内容 落葉の集積作業、倒木処理、落枝作業
参加人数 40名(森づくりサポーター4名含む)

落葉の集積作業
倒木処理、危険度の高い順に伐採
春蘭
終了後に新年会

参加者の感想等

  • 前回の作業から約1ヶ月が空きましたが、新年早々の活動となりました。
    落ち葉をかき集めていると、花芽をつけた春蘭があちらこちらで確認でき、春の訪れを感じさせる作業となりました。
    作業終了後に新年会を開催し、つきたてのお餅をいただき、今年の作業計画や活用について、皆さんと意見交換をいたしました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年12月16日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内
実施内容 落葉の集積作業
参加人数 40名(森づくりサポーター2名含む)

熊手で落葉の集積作業
薬剤散布機も使用して集積
作業終了後に収穫祭

参加者の感想等

  • ここ一週間の冷え込みで、落葉もかなり進み本日の作業はこの冬一番の寒さの中での活動となりました。今回は落ち葉を集積し、地域の子ども達が環境学習等で活用出来るようにカブトムシの育成場所を作成しました。
    終了後は、地域の方々が地元食材を使った手料理で収穫祭を実施、森づくりへ対する感謝と懇親が図られました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年12月2日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道西側)
実施内容 刈り払い、落枝の集積
参加人数 40名(森づくりサポーター4名含む)

落枝の集積作業
刈り払い作業
参加者の皆さんと
参加者の感想等
  • 12月に入り紅葉も終わりを迎え、落葉の時期に入りましたが、寒さがあまり強くないおかげで落葉はまだ先になる様子。刈り払い作業を行っていると紅葉したカエデの幼木や赤い実をつけた千両などが確認され、なるべく残すように作業を行いました。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年11月25日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道西側)
実施内容 刈り払い、落枝の集積、倒木処理
参加人数 40名(森づくりサポーター5名含む)

手鎌による刈り払い作業
落枝の集積作業
倒木処理作業(切断して集積)
参加者の感想等
  • 作業も二回目となり、徐々に体が慣れ始めてきました。作業開始時は厚手のジャンパーを着込んでおりましたが、進めるにつれて汗ばみ、終了時には額に汗を流すような感じでした。体を動かすことにより、健康増進や地域の方々とのコミュニケーションが図られたものと感じております。

◆ ふれあいの森伊勢崎による整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年11月11日(日)
実施場所 真岡市伊勢崎地内(北関東自動車道東側・西側)
実施内容 刈り払い、落枝の集積、倒木処理
参加人数 42名(森づくりサポーター3名含む)

刈り払い作業
落枝の集積作業
倒木処理作業
クリタケ収穫
参加者の感想等
  • 森づくりサポーターの方々には、刈り払い班、倒木処理班、落枝集積班に分かれて作業を行っていただきました。
  • 安全確保のため、倒木処理班は刈り払い班と別の場所で作業を行い、それぞれ無事に作業を終えることが出来ました。
  • 今回の作業でクリタケも収穫、雑木林がうまく循環していることを感じさせられる活動となりました。

◆ しおのむろ里山林くらぶによる整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年10月13日(土)
実施場所 日光市塩野室町 大木川向
実施内容 下刈り、つるきり、スギコンテナ苗の植え付け
参加人数 18名(森づくりサポーター11名含む)

下草刈りの作業
苗の植え付け
作業を終えて記念撮影
 
参加者の感想等
  • 当日は天気にも恵まれたので、予定通り行うことが出来ました。
  • いつもの作業とあわせて、スギ苗の植え付け作業も行いました。
    サポーターさん達の中に初めての方たちもいましたが、一生懸命作業をしていただいて、無事に作業を終えることができました。

◆ しおのむろ里山林くらぶによる整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年9月29日(土)
実施場所 日光市塩野室町
実施内容 下草刈り、つるきり、森林教室
参加人数 22名(森づくりサポーター15名含む)

下草刈りの作業
作業終了後に記念撮影
参加者の感想等
  • 当初の活動日、9月1日は雨のため延期になりましたが、今回は天気にも恵まれ、森づくりサポーターさん達にも活躍していただき、予定通り無事に作業を終えることができました。
  • あわせて森林学習も行い、「まだまだ知らないことがあって楽しかった」などの感想をいただきました。

◆ くまの木里山応援団による整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年9月16日(日)
実施場所 「星ふる学校くまの木」周辺の里山
実施内容 散策路の草刈り、広葉樹再生林の下草刈り
参加人数 16名(森づくりサポーター3名含む)

散策路の草刈り
広葉樹再生の下草刈り
下草刈りを終えて記念撮影
参加者の感想等
  • 当日は雨も上がり、暑い中での作業となりましたが、サポーターして参加いただいた3名の方は刈払機の扱いにも慣れていて、活躍していただきました。
  • 「久しぶりに山の中で汗をかいて気持ちが良かった」「刈払機がずらりと並んで壮観だね」「山野草がたくさん咲いているのでまた見に来ます」などの声が聞かれ、くまの木里山応援団員もいつもと違い新鮮な気持ちで作業ができました。

◆ 第5回「あしぎんの森」整備活動が行われました ◆

実施日 平成30年6月9日(土)
実施場所 矢板市県民の森
実施内容 記念植樹、下草刈り
参加人数 72名(森づくりサポーター5名含む)

ヤマザクラの記念植樹
斜面での下草刈り作業
下草刈りを終えて全員で記念撮影
参加者の感想等
  • サポーターの方にカマの使い方や作業での注意点をはじめ、かぶれやすい植物や虫などの指導もあり、安心して作業できました。当日は子どもの参加もあったので、大変心強かったです。
  • 斜面で太陽に照らされながらの作業のため、水分補給の大切さを感じました。
  • このような取組を通して、森林保全・育成の大切さをあらためて感じるとともに、心身ともにリフレッシュすることができました。