公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構 緑化功労者

「緑の募金」にご協力をお願いします。募金は随時受け付けています。    ■募金キャンペーン期間■  春 4月1日〜5月31日  秋 9月1日〜10月31日

 



みどりの功労者
学校関係緑化
標語の部
ポスター原画の部




Eメールはこちらから



平成29年度栃木県みどりの功労者
 

■ 概要

 本県の緑化運動の推進や自然環境の保全、森林整備など地域環境の保全に貢献し、功績が顕著であった方を表彰する「栃木県みどりの功労者」の平成29年度の表彰者が決まりました。

主   催:栃木県、公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構 
表彰者数:知事表彰  2個人
表 彰 式:「平成29年度環境とみどりの県民大会」(平成30年2月9日(金)
      栃木県総合文化センター)の式典において実施

■ 知事表彰

  松本 髣Y 氏(70歳) さくら市

 氏は、小学校教員時代から、緑化教育及び学校緑化に尽力し、氏家町立南小学校では、学校の緑化主任として学校緑化に努め、南小学校は昭和56年度全日本学校緑化コンクール学校環境緑化の部特選を受賞した。氏は、平成17年度から2年間、塩谷地区小中学校緑化研究会の会長として、また、平成17年度から現在まで、栃木県学校関係緑化コンクール塩谷地区審査員として、学校における緑化の推進に貢献している。              
 教員退職後は、とちぎ緑の基金緑化推進員として塩谷地区の小中学校等の緑化の指導・相談を担当し、指導等を行った矢板市立西小学校やさくら市立上松山小学校が、全日本学校関係緑化コンクール学校環境緑化の部特選を受賞するなど、氏の功績によるところが大きい。

 ・ 青木 正義 氏(73歳) 大田原市

 氏は、栃木県職員時代は林業の技術職員として緑化や特用林産物の指導に携わり、技術の普及に尽力した。栃木県職員を退職後は、栃木県グリーンアドバイザーとして、小中学校で地球温暖化に関する話を通して森林の大切さを教える活動や、小中学生の緑化に関する知識や関心を高める活動に取り組んできた。
 現在、氏は、大田原市みどりの倍増プラン推進委員会会長として、県職員時代に培った知識・経験を活かし、同委員会を構成している団体の活動支援を行っているほか、大田原市緑化顕彰推進委員会委員長として、緑化推進に顕著な功績のあった個人や団体を審査・顕彰し、市民の緑化活動の意識の高揚に貢献している。さらに、おおたわら名木アドバイザーの会副会長として、大田原市名木百一選に選定されている樹木の保護等にも尽力している。"
 




 

公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構  〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎別館3階  TEL 028-643-6801  FAX 028-643-6802